東京ビルメンお仕事さがし 快適な空間をつくる、清掃・設備管理職の求人サイト

メニュー

東京ビルメンお仕事さがし 快適な空間をつくる、清掃・設備管理職の求人サイト

東京ビルメンお仕事さがし 快適な空間をつくる、清掃・設備管理職の求人サイト

メニュー

現場スタッフの声 現場スタッフの声

現場スタッフの声

一所懸命きれいにするのは、楽しい仕事
清掃の仕事の、そんな魅力を伝えていきたい

KUMARさんのインタビューの様子1

プロフィール

KU KUMARさん(27歳)
【株式会社サンケイビルメンテナンスサービス】

ネパールから日本語を学ぶために来日したKUMARさん。留学生時代にパートで㈱サンケイビルメンテナンスサービスで働き、社員として登用された初めての外国人となりました。
指導役として目下勉強中というKUMARさんに、日本で出会った清掃という仕事の魅力について、お聞きしました。

清掃のお仕事をしようと思ったきっかけをお教えいただけますか

KUMARさん
留学していた頃にパートで今の会社に入って、2年半ほど勤めました。清掃の仕事は、時間と作業内容が決まっているので、学校に通いながら働くのにちょうどよかったんです。私の場合は、朝6時から10時まで清掃の仕事をして、一度帰ってから学校に行く、というスタイルでした。学校を卒業してから日本で就職しようと思いましたが、やっぱりネパールに帰ろうと飛行機のチケットも買った矢先に、今の会社の課長から「これからは外国の人もスタッフに入るから指導してほしい」と言われて、2017年11月に契約社員になりました。

清掃に対する最初の印象はどうでしたか。あんまりいい印象がなかったとか…?

KUMARさん
汚れ仕事かなと思っていました。自分の国では清掃というと、汚れ仕事というイメージだったんです。でも実際にやってきて、その印象は変わりました。最初はどんなところを清掃するのか緊張しましたけれど、そんなに汚れているところはほとんどなくて安心しました(笑)。

清掃のお仕事の難しいところ、苦労したところはありましたか?

KUMARさん
そんなに難しいことはなかったですね。最初、大変だったのは清掃の手順や洗剤の種類、ゴミの分別を覚えることでした。ゴミとゴミでないものが一緒に置かれていることがあって、これは捨てていいのかどうなのか分からなくて、難しかったです。それと毎日やるところと、週に何回しかやらないところがあるので、それを覚えるのも大変でした。一緒に仕事をする人に教えてもらいながら、自分でもノートをとりながら、覚えていきました。

日本は世界でも清潔できれいな国といわれますが、実際に日本に来て、清掃のお仕事をしてみて、そのあたりどのように思われましたか。

KUMARさん
汚れてないのに、きれいなのに清掃するの?と思いました(笑)。でも、ほかの日本人のスタッフを見て、毎日使うところは見えにくくても汚れがあれば、ちゃんと清掃するのがすごいなと思いました。時間が余って決まった範囲はちゃんと終わっているのに、自分で気が付いたところを清掃しているんです。最初はびっくりしたけど、見習って私も同じように、気がついたところを時間の限り清掃するようにしています。それと、清掃するスタッフがみんな優しい。ケンカしたことは一度もないです。
KUMARさんのインタビューの様子2
KUMARさん

日本で清掃の会社に社員として入社されましたが、今後どのようにステップアップしていきたいですか?

KUMARさん
入社してまだ4カ月くらい、まだまだ頑張らなくちゃいけないことばかりなので具体的にイメージしてはいないのですが、可能なら将来的には、ネパールに自分の会社を建てるかもしれないです。ネパールには、こういう清掃業のような働き方がないんです。一日フルで8時間というのが当り前なので、朝早い時間だけとか、いろいろな働き方を提供できればいいなと思っています。

清掃作業中に、いつも心がけていることは何ですか

KUMARさん
おじぎをして挨拶することがうちの会社のルールなんですが、テナントさんが一日のうち、最初に会うのが清掃の人だと思うんです。だから、挨拶しても何も言わない人もいるけど、きちっと挨拶するようにしています。「いつもありがとうございます」と言われることがあって、それを聞くと本当にうれしい。この仕事っていいな、と思います。

ほかにも清掃中のうれしいエピソードはありますか

KUMARさん
あるテナントで結構えらい人だと思うんですが、ネパールのことを知りたいと話しかけてくれたんです。挨拶を教えたら、会うたびにネパール語で挨拶してくれるようになりました。それと、少しの間帰国して仕事を休み、日本に戻ってきたら代わりに入ってくれたスタッフが「テナントの人に、あの人今日は何で来ないのって、クマルさんのこと聞かれたよ」と教えてくれたときは、「覚えててくれたんだ」と思ってうれしかったです。
KUMARさんのインタビューの様子3
KUMARさん

同じくらいの若い年齢の方に、清掃のお仕事の魅力をアピールしてください

KUMARさん
自分の好きな時間に入って仕事ができるのが魅力だと思います。作業内容もそんなに大変じゃなく、毎日同じことをやるので、仕事としてもやりやすいし、すぐ慣れると思います。年配の方が多いイメージがあるかもしれませんが、うちの会社の場合、社員も現場も30代の人が多いですね。だから、そのへんも心配いらないと思います。日本人は一所懸命、少しでも時間があると5分でも10分でも、きれいにしようとやっている。毎日そうしているから、きれいになるんです。それもイキイキ、楽しそうにやっています。これからは指導をする立場なので、そんなふうに一所懸命に仕事をすること、清掃の楽しさを教えてあげたいですね。パートのときと違って全体の現場を見なくちゃいけないから目下勉強中ですけれども、頑張ります。

他の現場スタッフの声を見る

清掃の求人をさがす